SELF LOVE

【セルフラブ】ココシャネルから学ぶ美しい生き方

瞑想セラピストのHARUNAです。
強烈な生き方を残した女性としてココ・シャネルについて語られた本や映画をみた方もいると思います。ココ・シャネルは、生涯独身でしたが自分自身を愛していました。彼女が残した言葉から、美しい生き方を考え、自分を愛するためのポイントをお伝えします。

本当の美しさとは?

ココ・シャネルの人生

ココ・シャネルの生い立ちは貧しいものでした。12歳から18歳まで修道院で過ごし、修道院を出たあとは、歌手になることを夢みて何度も、何度もオーディションを受けづけました。


どんなに過酷な環境で育っても夢を諦めなかった彼女が、生きる上で大切にしてきた
“美しさ”があります。


「美しさは、あなたがあなたらしくいると決めた時に始まるのよ。」

彼女が残した有名な言葉の一つです。

美しさは、周りからの評価で決まるものではないと、ココ・シャネルは教えてくれています。ありのままのあなたはすでに美しく、ありのままのあなたを愛することが美しさを磨く生き方なのです。

ありのままの自分でいる3つのポイント

1.自分を受け入れる

まず、あなたがありのままの自分でいるためには、どんな自分でも”受け入れること”が1番大切です。

自分を受け入れるとは、どんな自分にも「OK」してあげることです。誰にでも、性格だったり、癖だったり、能力についてだったりと、自分自身の好きになれない部分はあると思います。しかし、他人と比べず「私はこれでもいいんだ」と、自分自身を認めてあげてください。

また、「これができなかったから私はダメだ」とか、「自分にはこれをやるほどの能力はないかも」とか自分の価値を下げたり、あなたの存在の価値を小さくしたりする必要もありません。あなたは、あなたにしかない魅力や才能を持っているのです。

2.自分を理解する

あなた自身の魅力や才能に気づきためにも、”自分を理解すること”が大切になります。

自分の理解を深めるために、ぜひやって欲しいことが自己対話です。自分自身に問いかけ、あなたの心の声を聞いてあげてください。簡単なことからでも始められます。「今日のランチは何が食べたいかな?」など、お友だちに問いかけるように、自分自身とも話してみてください。

さらに、自己対話を深めるのなら”感情”にも目を向けてください。「私は今どんな気持ち?」「なんでこんなに悲しい気持ちになるのかな?」など、感情についても自分の心に聞く習慣ができると、自分の理解が深まります。

実際にやってみるとわかりますが、ちゃんと返事(答え)が返ってきます。あなたの心の声、本質的な答えに気づくためのとても大切なプロセスです。

自己理解が深める中であなたが心地よいと感じるもの、そうでないものもがはっきりとしてきます。これまで人に合わせて生きてきた人は、自分の好きなものや、心地よさを無視している状態だったかもしれません。ほんとは好きでもないのに、友だちと一緒にいるためには、その選択を選ばざるを得なかった経験がある人も少なくはないと思います。

自己対話をすることで本当にあなたが好きなもの、心地よいと感じるものを選ぶ習慣を身につけ、自分のために大切にしてあげましょう。

3.自分を幸せにする

あなたは、幸せになるために生まれてきました。あなたにとって大切な人よりもまず、あなた自身が幸せになることがとても大切です。

あなたは、どんな時に幸せを感じるでしょう。例えば、天気がよくてとても、風が心地よいときや、大好きな食べ物を食べているとき、旅行先で美しい景色がみれたときかもしれません。

きっと、あなたが幸せを感じた時、同時に感謝の気持ちも湧いてくるでしょう。あなたのそばにいてくれる人、平和な毎日があること、今自分が生きていること、
当たり前に思っていたことに感謝できるようになります。

その感謝を大切な人にも伝えてあげてください。あなたが幸せなときあなたの大切な人も幸せなはずです。自分を愛する生き方は、あなたが幸せでいることで周りの人も幸せにできるのです。幸せなあなたの周りには、良い人脈やあなたに必要な情報が集まるようになり、あなたの人生に良い流れができます。

自分を愛する生き方で美しい人になる

美しさは、見た目だけで決まるものではありません。あなたが、自分を愛して心から輝かせることで、見た目や雰囲気にも美しさが出てきます。あなたも、心から美しい人になる生き方をしませんか?