SELF LOVE

【今日からできる】セルフラブの始め方

瞑想セラピストのHarunaです。以前よりも”セルフラブ”という言葉を聞いたりセルフラブについて、発信している人が増えてきたように感じます。「自分を愛したいけど、どうすればいいかわからない」そんな人のために今日から始められる3つの”セルフラブ”的な行動とマインドを紹介します。

セルフラブとは?

セルフラブとは「自己への愛」で、ありのままの自分の受け入れることであり自己肯定感を高めることでもあります。

自己肯定感が低く、自己への愛が向けられていないと他人と比較をしてしまったり、周りからの評価ばかりが気になってしまったり生きづらさを感じてストレスになります。
セルフラブを実践していくと、自分の軸をしっかりと持つことができ、周りに惑わされず、感情が安定するため、あなたらしく生きやすくなるのです。

それでは、3つのポイントをお伝えします。

1.自分のために選ぶこと

あなたは今日の服をどうやって選びましたか?
今日の服であなたの心はハッピーになりましたか?

「朝、時間がなくて適当に選んだ」
そういう時もあるかもしれませんが、セルフラブを心がけて過ごす上では、あなたの心の声をちゃんと聞いてあげましょう。

例えば、「ランチに何を食べよう」とか「いつもと違うルートで帰ってみよう」とか、何かを選ぶときにはあなたが心からハッピーになれるもの気分が上がるものを選んでみてください。

今までなんとなく選んでいたものを”自分のために”選んであげることで、あなた自身へ愛を伝えることができます。どんな小さな願いでも、あなたの心の願いを叶えてあげましょう。

2.自分にかける言葉

あなたは、いつも自分自身にどんな言葉をかけているでしょうか。ちょっと振り返ってみてください。

「なんでいつも私はこうなんだろう」と、自分を責めてしまうような言葉が頭をよぎることはありませんか?自分自身に対して発した言葉があなたの心をさらに沈ませてしまうことになります。

そんな時は、結果に執着をせずにあなたの心に寄り添ってあげましょう。「辛かったね」「悔しかったよね」などと共感の言葉を自分自身にかけてあげてください。不思議なくらいパッと心が軽くなります。

また、何かいいことがあった時や幸せだを感じた時、あなた自身に「ありがとう」や「大好きだよ」などの愛のある言葉を伝えてセルフラブを高められます。好きな人に言葉で愛を伝えるのと同じように、自分自身にも愛の言葉を伝えましょう。

毎晩寝る前に、自分に感謝をするなど習慣にしていくと毎日をより明るい気持ちで過ごせるようになります。

3.心地の良い空間をつくる

セルフラブは心の声を聞くための環境づくりも大切です。心の声を聞くために、自分と向き合える静かで心地よい時間をつくりましょう。

その方法の一つとして瞑想があります。瞑想では、あなたの呼吸や五感に集中して”今”に意識を向けていきます。無理に”無”になろうとせず頭に浮かんでくることに気づいて、それを手放していきます。

「瞑想は難しくて、向いてない」と感じる人も安心してください。その他におすすめの方法もあります。アロマを焚いて、香りを楽しむことも呼吸が深くなりリラックスできますし、キャンドルのゆらゆらする火を眺めているだけでも心を落ち着かせられます。もしくは、お風呂の中で目を閉じて、水の感覚や暖かさを感じることでも瞑想と同じような感覚になります。

あなたが心地よいと感じられる環境を知るためにいろいろと試してみるのも良いでしょう。

また、山や公園、海など自然の中で過ごすことも心の声を聞くためにはとても大切です。木に触れたり、海水に足をつけたりする”アーシング”をすると、あなたの中に溜まった不要なエネルギーを手放す効果があり、体が軽くなるのを感じられます。

今日からセルフラブを始めてみませんか?

自分を愛することは難しいことでも、正解があるものでもありません。あなたが心から笑い、幸せを感じることが”セルフラブ”に繋がってきます。ぜひ、少しずつできることから始めてみてください。