WOMAN

【Rise Beyond The Reef】女性の社会進出を支えるフィジープロダクト

こんにちは、emuです。

楽園のリゾートとして知られるフィジー。333の島々で構成され、幸福度調査では過去2回1位を獲得しそのホスピタリティの高さでも人気があります。日本ではFiji Waterなどが普及し一度はその国の名を耳にしたことがある人も多いはずです。

途上国の取り組みから学ぶ、社会のあり方

 2018年から9年ぶりにフィジーエアウェイズが直行便を再就航させ、フィジーへのアクセスはうんと楽になりました。成田空港から火曜と金曜の週2便、約9時間のフライトはいずれも夜便なので、飛行機から目覚めたらそこは手付かずの大自然が残るリゾートの楽園です。

お土産にぴったりのプロダクト

今回はそんなフィジーで有名なプロダクトについて紹介します。「Rise Beyond The Reef」はトートバッグ、ポーチ、パスポートケース、ラップトップケースなど様々なプロダクトをフィジー伝統の柄「タパ」を用いて製作しているブランドです。
そのカラー展開も豊富でデザインの可愛さと色味に一目惚れしてしまう女子も多いはず。そして何よりブランドストーリーがプロダクトをより一層魅力的なものにします。

心打たれるブランドストーリー

フィジーでは多くの人が村のコミュニティの中で暮らしています。大都市以外での暮らしでは多くが自給自足であり、食糧も豊富に確保できるため困ることはありません。
しかし、学校や病院に通う時には現金が必要になり、そういった時に少しでも村のお母さんや子供たちを支援できるようにと思い込めて作られたブランドが「Rise Beyond The Reef」です。
現金収入を村のお母さんたちにプロダクトを作ってもらう代わりに与え、それが彼女達の社会進出の一助となっているのです。お母さん達の手で一つ一つ思いを込めて作られたプロダクトはどれも味が出ていて大事に使いたくなるものばかりです。
プロダクトのタグには製作者のお母さんの顔写真がプリントされ、そのプロダクトに対する思いがコメントされています。まるで日本の道の駅の野菜のように製作者の思いが消費者に直接届くようになっているのです。

            Photo by Vijeshwar Datt on Unsplash

「Rise Beyond The Reef」はどこで買える?

国際空港のあるナンディから車で20分ほどのところに工場があり、見学も可能ですが、プロダクト自体はリゾート内、お土産屋さん、空港内でも買うことができ、フィジーに行けば必ず一度は目にする機会があるほどフィジー国内では浸透しています。

さいごに

 「Rise Beyond The Reef」の取り組みいかがでしょうか?全ての女性に均等に機会を与える素敵な取り組みですよね。

 皆さんもフィジーに行かれる際には是非「Rise Beyond The Reef」をチェックしてみてください。お土産は旅の思い出としても記念になりますが、そのお土産に思いが込められていればより忘れられないトリップになることでしょう。

 Photo by Ishan @seefromthesky on Unsplash