SUSTAINABLE

【今日から!】子どもと一緒に始められる「エシカル育児」の3つのアクション

子育てもエシカルに。未来のための3つのアクション

こんにちは!Liccaです。最近よく耳にする「エシカルライフ」や「サステナブルな暮らし」というワード。気になるけれど、毎日忙しくて効率重視の子育てライフには遠い世界の話、だと思っていませんか? 実は、子育て中こそ「エシカル」や「サステナブル」について考えてみる絶好のタイミング。今回は子どもと一緒に始められる、地球に優しい3つのアクションをご紹介します♡

What’s ethical / sustainable ? エシカル / サステナブルとは

エシカル(ethical)は英語で、「道徳的に正しい」、サステナブル(sustainable)は「持続可能な」という意味。これだけ聞くと漠然としているように感じますが、私は、エシカルは「人や自然、地域や社会に対して思いやりを持つこと」、そしてサステナブルは「今生活している環境や自然を壊さず、より良いものにし続けていくこと」だと考えます。

1. Try Cloth Diapers / 布おむつにトライ!赤ちゃんのためにも

赤ちゃんが起きてから眠るまで、1日に何度も行う“おむつ替え”。

すぐに交換できて、ポイっと捨てられて、紙おむつは育児に欠かせないアイテム。

けれど、この紙おむつ、毎日捨てていると、1人の赤ちゃんがおむつを卒業するまでに約1トンものゴミを出していることになるそう。ちょっとびっくりする量ですよね。

一方、布おむつは、繰り返し洗って使うことができ、ゴミを出さないので環境にとっても良いアイテムなんです。オーガニックコットンなどで作られているものを選んで、赤ちゃんの肌にも優しく、一石二鳥。お洗濯や、おむつ替えのタイミングなど、少しハードルが高く感じてしまうママもいると思いますが、まずは可愛いデザインのものを集めてみたり、布と紙を併用して使ってみたりしながら、気楽に始めてみるのもいいかもしれませんね。

2. Buy Wooden Toys / 木のおもちゃを買う

量販店へ行けば、数えきれない程沢山の種類がある子どものおもちゃ。そしてそのほとんどはプラスチック製。カラフルでお手頃で、プラスチックのおもちゃを選ぶのは簡単だけれど、子どもの “お友達” になるおもちゃだからこそ、できるだけ地球に優しく、自然な過程で作られたものを選んでみては? 石油で作られているプラスチックではなく、木そのものや自然素材だけを使用して作られている木製おもちゃは、赤ちゃんが触れたり、口に入れたりしても安心。また、プラスチック製よりも丈夫で壊れにくいものが多いので、メンテナンスさえしっかり行えば、ずーっと使い続けることとができ、環境に優しいだけでなく、「ものを大切にすること」も子どもと一緒に楽しむことができそうです。

3. Shop Secondhand / 古着を有効活用する

毎日どんどん成長し、数ヶ月でサイズアウトしてしまう子ども服。毎月新しいものを買って、処分して、また新しいものを買いに行く。なかなか「サステナブル」だとは言い難いですよね。そこで、私たちママにできる地球に優しいベストな方法は、古着の有効活用!サイズアウトした服を誰かにあげて(売って)、これからのサイズの服を誰かにもらう(買う)。こうして回していくことで、着られなくなった服を捨ててしまうことも、買い足しでかさんでいく出費も両方ゼロにすることができます。古着以外にも、最近ではオンラインのレンタルサービスも増えつつあるので、そういったものを使ってみても良さそうですね。

最後に

最後になりましたが、自分の子どもが大人になった時、地球の自然はどうなっているか、弱いものいじめのない社会は実現できているか、などを想像しながら子どもへ与えるものや、触れさせるものを選択することが、私たちママやパパが子育てを通してできる「エシカル」や「サステナブル」のファーストステップなのではないかと思います。これから、自給自足や自活といったワードがキーになりそうな世の中、だからこそ、子どもたちのために、未来のために、「エシカル」な選択をしていくことができたらいいですね♡