SUSTAINABLE

【コストコでも買える】ヘルスコンシャスな人たちの間で話題!”グラスフェッドビーフ”とは?環境 & ダイエット

こんにちは、Kaoriです。みなさん、”グラスフェッドビーフ(Grass-Fed Beef)”をご存知ですか?栄養価が高くダイエットにも最適なビーフです。残念ながら日本の一般のスーパーで見かける機会はまだほとんどありませんが、コストコや通販で購入が可能で、最近ではレストランでも目にするようになりました。今回は先駆けて、ヘルスコンシャスな人たちの間で人気のグラスフェッドビーフについてご紹介します。是非ダイエット中の方や、環境問題でお肉を減らした方の参考になると嬉しいです。

そもそもグラスフェッドビーフとは?

グラスフェッドビーフ(Grass-fed Beef)とは英語で書いたその名前の通り、牧草で育てられた牛ということで、日本では牧草牛と呼ばれています。そもそも牛は牧草を食べて育ちますよね。しかしながら、私たちの牛肉の消費量が増えたことによって、生産者たちはエサを穀物に変え、急激に太らせたいため成長ホルモン剤や抗生物質を打ち、狭い牛舎の中で大量に生産するようになりました。そうして牛肉は、私たちの食卓に簡単に運ばれ安価で食べられるようになりました。現在、私たちが口にしている牛肉はほとんどが穀物肥育牛(Grain Fed Beef)です。

 なぜグラスフェッドビーフがいいの?

おすすめの理由1 環境保護・大量生産を避ける

現在、アメリカでは飼料穀物を栽培するために、全米の農地の約半分となる1億4,900万エーカーが使用され、7,600万kgの農薬と77億kgの窒素肥料、大量の水が消費されています。窒素肥料は、土壌に吸収されると二酸化炭素の300倍も環境負荷の高い一酸化二窒素を生成します。その他にも、排出物の処理、輸送など生産のすべての過程に置いて悪影響を与えています。

また、熱帯雨林の破壊は、地球全体の深刻な問題ですが、実は、この原因のひとつは家畜業にありました。この地域に住む人々は貧しい生活に困っていることが多く、違法と知りながら森林を伐採し、お金になる家畜の放牧を行ってしまっています。

このような実態を改善する為にも、安く大量生産されたお肉をとるのではなく、価格が高くても自然な形での飼育や尊重するべきではないでしょうか。

おすすめの理由2 栄養価が高い

グラスフェッドビーフは栄養価がとても高く、特に最近注目のオメガ3がとても多く含まれており、穀物飼育牛と比べてその比率は5倍にもなります。オメガ3は必須脂肪酸のひとつで、体内では作ることができません。食事から摂取する必要がありますが、なかなか現代人の食事からは摂れていないのが実情です。オメガ3には、細胞の炎症を抑えるたり、脳の活性化やアンチエイジングにも効果的で、幅広い健康効果が確認されている栄養素です。その他にも、脂肪燃焼を促進させる効果のある共役リノール酸(CLA)が多く含まれているためダイエットにも効果的だったり、アンチエイジングや免疫力UPに効果的なビタミンA、ビタミンE、亜鉛も多く含まれているので、穀物飼育牛と比べて栄養価の高いビーフと言えます。

 実際にグラスフェッドビーフを食べてみて…

健康オタクの私がグラスフェッドビーフを知ったのはちょうど1年程前の2019年6月頃です。予防医学についての講義でグラスフェッドビーフを知り、仲間たち皆で実際に食べにいくことになりました。その時に出てきたお肉の量は手のひらサイズ大のステーキ。年齢があがるにつれ、大きなお肉は食べられなくなってきていたため、その大きさを見た瞬間に食べきれるか不安に駆られました。ところが、一口食べた瞬間、そんな心配不用であっという間にペロリと完食でした。

 脂っこさが全くなく、牛肉なのにあっさりしています。全く胃もたれしません。これは身体にいいに違いない、餌を変えるだけでこんなにも肉質や味が違うのか、と感動したのを覚えています。一緒に食事をした仲間のひとりは、普段は体調が悪くなるので牛肉を食べられないのですが、グラスフェッドビーフは不思議と全部食べられると完食していました。(そのとき私たちが訪れたレストランは横浜の熟成肉Bondバルです http://www.clone-bond.com/)

日本ではコストコや楽天で購入可能

日本ではまだ一般のスーパーでは見かけませんが、コストコや楽天で購入が可能なようです。是非チェックしてみてくださいね。

最後に

まだ一部の健康志向な人の間でしか知られていないグラスフェッドビーフ、いかがでしたでしょうか?飼育にコストと手間がかかるため、いざ購入しようとすると高価ですが、安いお肉を大量に食べるより、自然な形で育ったお肉をたまに摂ることの方が、環境にも自分にも良いのではないでしょうか。ぜひ、普段口にしている牛肉との違いを味わってみてください♡