SELF LOVE

【ハワイアンの教え】人生を豊かに生きる3つのヒント

瞑想セラピストのHARUNAです。ハワイには、先住民によって言い伝えられてきた、ハワイの神話がいくつかあります。その神話の中で、今の日本に生きる女性にも共通する生き方のヒントがあります。その神話が月の女神ヒナのお話です。

ハワイではよく知られている「月の女神ヒナ」

女神ヒナは、人間の男性と結婚し、生まれた息子が、あのディズニー映画『モアナと伝説の海』に登場する半神半人マウイです。月の女神ヒナは、ハワイ島にある「レインボーフォール」に住んでいたと言われています。

月の女神ヒナの神話

女神ヒナは美しく良妻賢母として知られていました。しかし、女神ヒナの夫は横暴で自分勝手、大変な癇癪持ちでした。そんな生活に疲れ果て、嘆いていた女神ヒナのもとに、天上と繋がる大きな虹のアーチが現れました。その虹を登って逃げようとしましたが、太陽の熱に耐えられず地上に戻ってきてしまったのです。

その夜、女神ヒナは再び家を飛び出し夜空にかかった虹(ムーンボウ)を見つけやっとの事で月に逃げ切ることができました。月に行った女神ヒナは大好きなタパ(樹皮布)を作る名人になったという神話です。

ハワイアンがこの神話から学ぶこと

ハワイの神話には、昔の人の知恵や教えがこめられています。この月の女神ヒナの神話には3つの教えがあります。

・自分を犠牲にするのはやめなさい

・自分の幸せは自分でつかみなさい

・一度で諦めず何度でもチャレンジしなさい

あなたにも当てはまるものがあるかもしれませんね。一つずつを考えていきましょう。

自分を犠牲にするのをやめるには?

女性は、会社での役職、家庭では妻、母親、もしくは娘など、社会的に様々な役割を求められます。例えば、小さいころから「女の子」としての期待に答えよう、社会が求める役割に合わせようなどの意識が刷り込まれているからです。

また、「女子力」という言葉があるように、”女らしさ”がないと変わり者としてレッテルが貼られるため、「女らしくいなきゃいけない」という思い込みがあるかもしれません。

その刷り込みや思い込みによって、「女だから、、、」や「母親だから、、、」と、自分を犠牲にしてしまう人も少なくはないと思います。

あなたは、本当にやりたいことがあっても、家庭のことを気にかけたり、親の言葉を気にしたりして、諦めてしまうことはないですか?周囲の期待に答えることも大切ですが、あなたの人生は、あなたのものです。

あなたが自分らしく、好きな人生を歩めるように、あなたの人生における自分の価値観を知っておくのが大切です。ノートに「自分が大切にしたいこと」を書き出してみましょう。

そして、その決めた価値観を基準に判断することで、周りの人の言葉に左右されたり、自分を犠牲にしたりすることが無くなります。自分の心に正直に自分軸を持って生きていけるのです。

自分の幸せを自分でつかむには?

大きな変化には、不安や恐怖が伴います。その不安を乗り越えなくては、あなたの幸せを叶えられません。月の女神ヒナが月に逃げたように、時にはあなたが幸せをつかむために、勇気が必要になるのです。

しかし、私たちは自分を守るための「でも」や「だって」など、変化をおこなさない言い訳が簡単に出てきてしまいます。そのままでは、不安を乗り越えることはできませんよね。

そんな時は、「どうしたらできるか?」のHow思考に変えることです。思いつく限り、幸せを叶えるために、自分ができそうなことを書き出します。すると、不安を乗り越える手がかりを見つけられ、行動する勇気を手にできます。ぜひ、日常的にHow思考に変えてみてください。

また、あなたがあなた自身を信じてあげられなければ、勇気を持って行動に移すことは難しくなります。あなたが自分を信じ、一番の理解者でいられるように、自分の気持ちをノートに書き出したり、瞑想したりして自己対話を深めてみてください。

諦めず何度もチャレンジするためには?

大きすぎる夢は叶わないと思い心が折れてしまったり、ライバルなど他人と比べて自分の方が劣っていると感じ、やる気を無くしてしまったりする時もあるでしょう。

そこには「私にはできない」という思い込みがあるからです。その思い込みを手放すためには、夢が叶ったイメージを持ち続けることです。『人間が想像できることは人間が必ず実現できる』という、フランス人作家ジュール・ヴェルヌの名言があるように、叶えられないことはイメージさえできず、ワクワクするような心が動かされることもありません。

夢が叶ったイメージをキープするために効果的なのが、アファメーションです。アファメーションとは、「私は○○です。」と叶ったつもりでポジティブな言葉を唱えることです。例えば、私が転職を決めた時には「私は憧れの会社に入ることができました」と唱えていて、叶えることができました。朝、起きた時や夜寝る前に唱える習慣があるとなお良いです。

また、唱えるよりもノートに書く方が向いている人もいます。その時のポイントは、「〜になりたい」ではなく「〜になりました」や「〜になっています」など、完了形や現在進行形で書くことです。さらに「〜ではなく」など否定的な言葉は使わずに、ポジティブな言葉だけで書きましょう。

特に願い事を書くのにおすすめなタイミングが、新月の日です。新月には「新しい始まり」の時期であり、この時の願い事は叶いやすくなると言われています。月のサイクルを利用すると、定期的に自分の夢を見直せるため効果的です。

あなたの人生を豊かに生きるヒントに

あなたの人生は、あなたが選べるのです。この記事を読んでくださったあなたの生き方を振り返るきっかけになっていたら嬉しいです。取り入れることができるものがあれば、ぜひ試してみてください。