SELF LOVE

【デキる人は知っている?】一週間の始め方

瞑想セラピストのHARUNAです。経営者の方など、一部の人はすでに実践している一週間の始め方。知っているか知らないかで、あなたの仕事の達成感や結果の出し方も変わってくるかもしれません。

日曜日の夕方くらいになると次の日の仕事が頭をよぎりなんだか憂鬱な気分になる「社会的時差ボケ」を解消して、より豊かな毎日を過ごすポイントをお伝えしていきます。

月曜日スタートで社会的時差ボケになる

あなたは社会的時差ボケになっていないでしょうか?どういう症状かをお伝えしていきます。

社会的時差ボケってなに?

感覚的に、多くの人が、仕事が始まる月曜日を1週間のスタートとして捉えています。そして、金曜日は“ハナキン”といわれるように一般的に、次の日は仕事が休みで、羽を伸ばしてしまい、夜更かしをしがち。

それにより土曜日の朝は、なかなか起きれなかったり、平日の疲れを回復するために寝だめをしてしまいますよね。そのダラダラモードのまま、土曜日を過ごすと、日曜日も同じようになんとなく1日が終わってしまった経験があるのではないでしょうか?

このモードから抜け出せず月曜日が憂鬱になるだけでなく、疲労感が残りやすくなることを、社会的時差ボケとも言われています。

社会的時差ボケを解消する方法とは?

社会的時差ボケの自覚がなくても、より効率的に仕事が進められたら嬉しいいですよね。その方法をお伝えします。

土曜日を一週間のスタートにする 

社会的時差ボケを解消する方法として効果的なのは、土曜日を一週間のスタートにすることです。

そのためにまず、金曜日の夜の夜更かしをやめます。1週間が土曜日からスタートする意識を持ち、例え仕事が休みでもいつもと同じ時間に起きるようにするのです。

土曜の朝の早起きが難しい場合は、意識的に1週間の始まりを土曜日にします。例えば、1週間の予定や目標を土曜日に手帳にまとめたり、Googleカレンダーの始まりを土曜日に設定したりなど、土曜日スタートの意識に変えるサポートになります。

前よりももっと金曜日が楽しみに!

私が土曜日スタートの意識に変えてよかったのは、金曜日の仕事の終わりとともに、私の1週間が終わるので「今週も頑張ったー!」っていう達成感を感じやすくなりました。

これからは「ハナモク」

金曜日に友だちに会ったり、夜更かしできないとなると平日の楽しみが減ってしまうとガッカリしてしまうかもしれません。

そこでオススメされているのが木曜日の夜を楽しむ“ハナモク”です。わたしも、友だちと会う予定は木曜日の夜に入れるようになりました。例え、夜がちょっと遅くなっても「あと1日なら頑張れる!」というポジティブな気持ちで金曜日の朝を迎えられます。

ハナモクを取り入れることで、仕事もプライベートもイキイキと楽しめる”デキる女子”に近づけます。

土曜日スタートにしてセルフケア始めませんか?

規則正しい睡眠時間を取ることが本当の意味で自分を大切にしていることでセルフケアになります。平日の朝は忙しくてできないヨガをやったり、好きな朝食つくったり土曜日の朝に楽しみをつくってより豊かな暮らしにしていきたいですね。