SELF LOVE

【フィジー人から学ぶ】 ”幸せ” に生きるヒント

こんにちは、emuです。

突然ですが、皆さんは今幸せですか?いきなりこの質問をされてすぐに「はい」と答えられたら素敵ですよね。でもなかなか、即答できる人はそう多くないはず。
今回は過去に2回、世界幸福度調査で1位になり世界一幸せな国と言われているフィジーにおける幸せに生きるヒントについてご紹介したいと思います。

世界幸福度調査とは?

幸福度調査には一般的に「主観系」と「客観系」の2種類があります。
主観系:あなたは幸せですか?と問う

客観系:様々な指標データを元にして幸福度を測る

フィジーは前者において世界で1位を獲得しています。レジェ・マーケティングは2011年に世界58ヵ国の男女約5万3000人に対して幸福度調査を行いました。ランキングは「幸福を感じている人の比率」ー「不幸を感じている人の比率」という純粋幸福度を国別に比べたもので作成され、1位がフィジーであったのに対して日本は58ヵ国中23位という結果でした。


一方、日本は「客観系」の調査では上位にいます。「人間開発指数」という平均余命や成人の識字率、就学率や一人当たりのGDP等によって人の生活の質を測る数字があります。その数字による2014年の調査において、フィジーは187ヵ国中88位であったのに対し、日本は17位でした。
データだけを見ると日本は幸せと感じる人が多い国なはずなのに、主観的に問うとそうではない。環境は整っていても幸せと感じられない日本人、なんだか寂しい結果ですよね。
一体どうしたら幸せを感じられるのか。フィジー人が大切にしている4つの習慣からヒントを得ていきたいと思います。

フィジー人の幸福度を高めている4つの習慣

①なんでも「共有」する習慣

フィジー人には「私有」という感覚があまりなく、全てにおいて「共有」がなされています。家族内で服の貸し借りは当たり前ですし、車も近所の人たちでシェアします。分け与えることに喜びを感じる人が多く、自分があまりお金を持っていなくても物乞いには寄付をするそうです。そういった意味で助け合いの精神がとても強いのです。

日本でも最近はカーシェアリング、シェアハウスなど「共有」が浸透しつつありますが、共有することで他人と物事や感情を分かち合え、幸せさえも共有できます。

②「テキトー」に生きる習慣

フィジー人は常に緩くテキトーです。多少の間違いでは全く動じないですし、それを許すことは当たり前のことになっています。おおらかで器が大きいというのでしょうか。フィジー人といるとどこかホッとできます。
日本人はどうしても気にしすぎてしまう習性があると思うのです。気を張って常に他人にどう思われているか気にしすぎて、それがストレスに繋がる。そんな気持ちもテキトーに生きることができれば少しは軽減されるのではないでしょうか?

③「現在」を生きる習慣

フィジー人は過去を振り返らず、未来の心配もしません。常に目の前にあることにフォーカスして生きています。

私も仕事柄フィジー人と日々接していますが、フィジー人はあまり優先順位をつけて物事を捉えていないように思います。その日やることをやる。それに尽きています。のんびりしているのでプロジェクトの締め切りに間に合うのかと冷や冷やすることも多々ありますが、いつだって最後は上手く帳尻を合わせてくれます。そういった意味でタスク管理は現在の仕事に集中することで上手くできているのかもしれません。

日本人は心配性な人が多い気がします。これをしたら後にどうなるだろう…そんなことを考えて結局出来ずに終わってしまいます。コロナウィルスにおける教訓としても学びましたが、当たり前だった日々がそうではなくなる日が突然やってくる。いつかではなく、今するべきことをする、後悔の無いように生きたいですね。

④どんな人とでもすぐに仲良くなれる習慣

フィジー人は一言話すだけですぐに仲良くなれます。本当にフレンドリーなのです。あるイベントでフィジー人が日本に来日した時、受付に立っていた私にいきなり話しかけてきました。「私◯◯村出身なんだけど今度フィジーに来たら遊びに来てよ。見てこれ私の娘。Facebook友達になろう!」いきなり次々と話しかけられて驚きましたが、これがフィジー人です。フィジーに行っても体験しましたが、見ず知らずの人によく話しかけられます。これは私が観光客とか日本人で珍しいとかではなく、みんなに対してそうなのです。

フィジー人は多くが村における大家族で育ち、コミュニティを大事にしています。そういったことがどんな人とでもすぐに仲良くなれる理由の一つだと思います。

日本人は隣人も知らないような人が多いですよね。会社の飲み会にも顔を出さず、コミュニケーション能力が低い若者が多いとも言われていますが、若者もインターネット世代であることを生かして、どんどんコミュニティを広げていければいいなと思います。

幸せを感じられるように

フィジー人の習慣いかがでしたか?実際にフィジーに行った時に感じたフィジーの1番の良さは人の温かさでした。幸せを感じている人たちは自然と他人にもその幸せを分け与える。フィジー人の共有の習慣からなのかもしれませんが、私も幸せを感じることが出来ました。少しでも上記から何かしらのヒントを得て幸せを感じる人が多くなればと思います。

参照:世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論