SELF LOVE

【食生活の見直し】気分がさえない日が続くのは、甘いものの食べ過ぎ?

 こんにちは!ダイエットアドバイザーのKaoriです。なんだか今日は疲れたな、と感じる日、皆さんは何を食べたくなりますか?疲れている=糖分を欲していると思っている方はとても多いと思います。ダイエット中の甘いものを控えましょう!というのは、よく耳にしていると思いますが、実は、甘いものは私たちの身体だけでなく心にも影響を与えているという事もご存知でしょうか?今回は、砂糖が私たちのマインドに与える影響について、お伝えします。

砂糖ってそんなに依存症が強いの?

 実は、砂糖にはアルコールや薬物と同じように強い中毒性や依存症があると言われています。確かに、甘いものを食べると脳からセロトニン(通称:幸せホルモン)と呼ばれる物質が分泌されるため、一時的に満足感や幸福感を得ることはできます。ストレス軽減にも繋がりますが、砂糖の過剰摂取が続くと、気づかないうちに砂糖依存症に陥ってしまうことも。そして、更なる疲労感を産み出している可能性もあるのです。

 体内に砂糖が摂り込まれると、血糖値が急上昇します。血糖値が上がると、私たちはハイな気分になり、疲れがとれたような気になります。ただし、この満足感は一時的なもので、私たちの体は上がった血糖値を元に戻そうとインスリンというホルモンを分泌します。インスリンによって血糖値が下がると、今度は下がりすぎてしまい低血糖状態となります。身体はまた血糖値を元に戻そうと甘いものを欲するようになります。この血糖値のアップダウンが私たちの心に影響を与える原因と言われています。そうして負のスパイラルに陥ってしまい、1日に何回もアップダウンを繰り返すと、じわじわと心に影響を与えるようになります。

甘いものが心に与える影響

集中力がなくボーっとしてしまう、イライラしてしまう、落ち込みやすくなる、朝スッキリと起きられない、疲れがなかなか取れない、など、うつに似たような症状が出始めます。ハッキリとした症状までは感じていないにしろ、なんとなく最近疲れている、頭がすっきりしない、気分がさえないなどのプチ不調を感じることはないでしょうか?心のモヤモヤがもしも続くようであれば、一度ご自身の食べたものを振り返ってみてください。食後のデザートが定番になっていたり、コンビニ通いが癖にはなってはいませんか?砂糖はそれほど取っていないと思う方も、焼き菓子や清涼飲料水など隠れ砂糖を知らず知らずのうちに摂ってしまっていることもあるので、注意が必要です。

甘いものの減らし方

変わりたいときは環境を変えてみる!ということで、デスクの上など目につくところに甘いものは置かないようにしましょう。食後のデザートが癖になってしまっている方は、本当にまだ空腹を感じているのか、一度立ち止まって考えてみます。それでもどうしても甘いものが食べたいときは、フルーツやさつまいも、はちみつなど自然由来の甘みを取るようにしましょう。また、ビタミンやミネラル、タンパク質など、バランスの良い食事を心がけてください。甘いものを欲しがる原因は、実は必要な栄養素が不足していて、隠れ栄養失調ということも。食事からきちんと栄養をとることは、身体だけでなく心も満たしてくれます。もちろん、質の良い睡眠やストレスを溜めないようにすることもとても大事になります。

最後に

現代の食事において、砂糖を完全に食べないようにすることは不可能に近いことです。甘いものは太るくらいにしか考えていなかったかもしれませんが、実は甘いものの食べ過ぎは私たちの心にも影響を与え、プチ不調の原因になります。最近、落ち込みやすかったり気分が優れないと感じる方は、ぜひご自身の食事を見直して、砂糖の摂りすぎになっていないかチェックしてみてくださいね。