SELF LOVE

【セルフヘルス】呼吸で意志力を高めよう

こんにちは、アロマスタイリストのAiriです。

何かを決断するときや集中しているとき、焦っている時など、自分の呼吸のペースに意識を向けたことはありますか?

呼吸は、わたしたちが生きていく上で当たり前にしていますが、その呼吸も、きちんと意識をすることで、自らの意志力を高めることができます。

まずは、自分の呼吸は1分間にどのくらいのペースで行われているのか数えてみてください。

呼吸で意志力を高めるとは?

呼吸で意志力を高めるって、どういうこと?と思いますよね。

実は、呼吸のペースを遅くすることで前頭前皮質が活性化するそうで、それが、自制心を発揮できる状態に切り替えるのに役立ちます。

最初に書いた、集中しているときや焦っているときって、呼吸が速くなっていたり、息を止めていたりしませんか?

その瞬間は、脳と体がストレス状態になるので、呼吸を遅らせることで気持ちを落ち着かせてコントロールできる状態にし、決断に余裕が生まれます。

呼吸を遅らせる

具体的には、呼吸のペースを1分間に4~6回までに抑えます。

息を止めてしまうとストレスになるので、息は止めずにゆっくりと呼吸をしてみてください。

呼吸の数が、1分間に12回以下になれば、心拍変動は確実に上昇するそうなので、まずは回数にとらわれずにゆっくりと呼吸することに意識を向けてみてください。

息を吐くことは、副交感神経も優位にしてくれるのでリラックスしたいときや、緊張しているときに「ゆったりとした呼吸」で「吐く息に集中」することもおすすめです。

意志力ってどんなときに使うの?

意志力という言葉は普段の生活ではあまり聞きなれない言葉ですが、私たちの生活の中には意志力が必要な場面がたくさんあります。

例えば、コーヒーショップへ行ったとき。ショーケースに並ぶクッキーやケーキはとても美味しそうですよね。

我慢するか食べるか…こんな瞬間にも意志力は試されています。

ゆっくりと呼吸をする練習は、ストレスの多い職業の人々に、自己コントロールやストレス緩和を目的に実際に実施されたりもしているそうです。

「意志力」とは少し離れますが、私もある瞬間は、呼吸をゆっくりとすることに意識しています。それは急いでいるときで、例えば朝出かける前などです。

急いでいるときに限ってネックレスのチェーンをつけられない、イヤホンが絡まって取れない、など焦っているときは何かと問題が起きやすいですよね。

そんな時、私はいつもこの話を思い出して、一度落ち着いて深い呼吸をします。そうすると不思議なことに、1回でネックレスをつけることができたり、コードがすんなりと解けたりするのです。

呼吸で自分をコントロールしよう♡

意識しなくても、自然と行なっている呼吸に意識を向けることで、脳や体に直接的に変化が起こるなんて、とても面白いですよね。

何かを選択したり、意志力の試される問題に直面した際には、ぜひたったの1分だけで良いので、ゆっくりと呼吸をしてみてください♡