LEAD EDITOR

【ジムニーのレンタカー】最先端のキャンピングカーで行く富士山のサンライズ!

こんにちは、編集長のChiharuです。夏も終わり、読書の秋、食欲の秋がやってまいりましたね。皆さん、いかがお過ごしですか? 秋晴れの爽やかな空気が気持ち良いこの時期、キャンプなど、外遊びには持ってこいの季節ではないでしょうか。今回は新しく始まったサービス「Overland Japan(オーバーランド)」を利用して、大人気ジムニーで静岡の富士山のふもとまで行ってきました。Overlandの利用方法を詳しく解説してまいります。ご予約ページはページ下部からご覧いただけます!

キャンピングカーレンタルサービス「Overland Japan」

Overland Japanは東京・中目黒が拠点の新しいキャンピングカーレンタルサービスで、オーナーはオーストラリア人のルークさん。私個人的にもオーバーランドのコンセプトが大好きなのでご紹介させてください。

「オーバーランドとは、車に荷物を運んで遠くに遠征にでること。オーバーランディングとは何かに縛られないで外に出かけて行くこと」

簡単に説明するとこのような意味です。この車で長いロードトリップに出かけられるよう、車の屋根にはテントが積んであります。もともと、砂漠やジャングルなどで動物から身を守る為に思考されたアイディアだそうで、その手軽さと快適さに驚きました。今回私たちは二人乗りのスズキのジムニーを借りました。

寝心地最高!低反発マットレスのループトップテント

まず日本では目新しいこの天井のテント。女性の私たちでも、60秒以内に簡単に設置することが出来ました。

ご覧の通り、一人がちょっとサボっても(笑)ちゃんと時間通りに設置出来ます。通常のテント設置から考えると手軽さに驚きですよね。

中は広々、マットレスも普通の家のベッドのようでした。女性二人やカップルには十分な仕様です。色々工夫された作りで、ジップを開けると星が見えたり、なんとも贅沢なひとときを過ごせます。

可愛いだけじゃない、充実のキッチン!

トランクを開けると、キッチンが出せる仕組みで、とても便利でした。ガスコンロフルや冷蔵ボックスも積んであり、本格的な料理が作れそうです。キャンプは皆で料理が醍醐味!

火を囲んで、ワインとシーフードBBQをいただきました。都会の喧騒から抜け出して、大自然の中で友達と囲む食事。ルークさんが「都会の人たちは、日頃のストレスから自分を解放して、もっと自然と一体化する時間を作るべきだ」と語るように、このキャンプは私にとっても心に豊かさを与える時間でした。(薪はキャンプ場で手に入ります!)

富士山の日の出を目の前に起きる

今回訪れた静岡のふもとっぱらキャンプ場は、その名の通り富士山のふもとです。真後ろから登る日の出が美しくて、心の底から全てのことに感謝する気持ちになりました。私にとっては、こうした時間が日々のクリエイションに繋がります。

モーニングコーヒーを頂きながら、朝食を作った頃には日々のストレスからリセットされていました。週末で出来てしまうこのキャンププラン。忙しくてなかなか出かけるのが億劫な人にも絶対おすすめな手軽さです。

充電もご心配なく!

出来るだけ電子機器からは遠ざかっていただきたい旅ですが、そんなわけにもいかない皆さん、ご安心ください。USB、コンセントも完備されています。こちらはソーラーで充電が可能とのこと。

来週末はジムニーを借りてみる?

いかがでしたか?こちらのキャンピングカーは下記のコンタクトから予約が可能です。テレビや雑誌にも引っ張りだこで、予約がすぐに埋まってしまうようですが、是非チェックしてみてくださいね!have a nice trip❤︎