LEAD EDITOR

【読書の秋!】本の世界へ冒険しよう♡オススメ3選

こんにちは、アロマリストのAiriです。

Jane読者の方は、きっと本好きの方も多いと思いますがわたしもそのひとりです!幼い頃は図書館へ通い、毎回10冊以上の本を借りて、自宅で読みふけったり、本で調べごとをするのも大好きな少女でした。最近も時間を見つけては少しずつ読んでいます。

すっかり肌寒くなり秋になった今、そんな読書好きなわたしの大好きな小説をご紹介します。

1:パズル・パレス – ダン・ブラウン

「天使と悪魔」や「ダヴィンチ・コード」と聞くとパッと浮かぶ方も多いと思います。映画化もされている上記の原作を書いているのがダン・ブラウンという方です。

1998年にパズル・パレスでデビューしたダン・ブラウンの小説は本当に大好きで、全作品を持っています♡そして友達や職場でも、最初にオススメするのがこちらの本です。

あらすじ (Books データベースより引用)

パズル・パレス 上:

史上最大の諜報機関にして、暗号学の最高峰・米国家安全保障局のスーパーコンピュータが狙われる。対テロ対策として開発されたが、全通信を傍受・解読できるこのコンピュータの存在は、国家機密だった……

パズル・パレス 下:

このコンピュータの公表を迫られたNSAは、解読不可能な暗号ソフトをなんとか解析しようとする。でなければ、アメリカという国家自体が完全に無防備になってしまうのだ……タイムリミットの暗号解読作戦の行方は!

ダン・ブラウンの作品は、「ダヴィンチ・コード」などでもお馴染みの「ラングドン教授」を主役とした作品が多いのですが、パズル・パレスは違います。ダヴィンチ・コードや天使と悪魔を感じさせるデビュー作は、今の進化したテクノロジーの世の中にも通じるところを感じます。上下巻合わせて672ページです。

2:オリジン – ダン・ブラウン

こちらもダン・ブラウンの作品です。今出ているダン・ブラウン作品の最新作がこちらの「オリジン」。出版は2年前の2018年ですが、発売されてすぐに読んだ時には本当にこの書かれている世界になりそう…!と恐怖も感じました。それほどリアリティのある内容は、やはりダン・ブラウンだからこそ出せるものだな、とよりファンになった一作です。

あらすじ(Books データベースより引用)

オリジン 上:

宗教象徴学者ラングドンは、スペインを訪れていた。元教え子のカーシュが、人類最大の謎を解き明かす映像を発表するというのだ。しかし発表の直前、カーシュは額を撃ち抜かれて絶命する。一体誰が――。発表の前、カーシュはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の指導者たち三名と会合を行い、警告を受けたとラングドンに語った。犯人はいずれかの指導者に派遣された暗殺者なのか!?

ラングドンは、美貌の美術館長でスペイン国王太子の婚約者でもあるアンブラとともに逃亡しながら、カーシュの残した人工知能ウィンストンの助けを借りて、謎に迫る。鍵を握るのは、人類最大の謎「我々はどこから来たのか、どこへ行くのか」――。スペインのビルバオ、マドリード、バルセロナを舞台に、ラングドンの前に最強の敵が立ちはだかる! 

全世界で2億部突破のベストセラー作家、ダン・ブラウンの最高傑作が満を持して日本上陸!!「ダン・ブラウンは知的かつスリリングな小説の第一人者だ」(ウォールストリート・ジャーナル)

オリジン 下:

スペインのビルバオ、マドリード、バルセロナを舞台に、ラングドンの前に最強の敵が立ちはだかる! 鍵を握るのは、人類最大の謎「我々はどこから来たのか、どこへ行くのか」――。全世界で2億部突破のベストセラー作家、ダン・ブラウンの最高傑作が満を持して日本上陸!

上下巻、合わせて680ページです。現在は文庫本も出ているみたいなのでぜひチェックしてみてください!

3:暗黒結晶 ディープ・ファゾム – ジェームズ・ロリンズ

いつも本屋さんではふらっと色々なカテゴリを見て回り、気になるタイトルのものを衝動買いすることが多いのですが、この「暗黒結晶」も名前に惹かれて購入しました。この小説も、”本当に今起こりそうでもある内容”がこの本の世界によりのめり込める魅力です。

書かれている表現ひとつひとつにリアリティがあり、わたしも古代都市を探しに行きたくなりました。わたしは最初の5ページくらい読んで泣いてしまいましたが…。(かなり涙もろいせいもあります!笑)

ぜひ実際に読んで見てほしい一冊です!

あらすじ(Books データベースより引用)

暗黒結晶 上:

新世紀最初の日食。世界中の人々が黒い太陽から放たれるフレアに見とれていたそのとき、巨大地震が太平洋全域を襲う。中部太平洋で沈没船探査をしていたジャックのもとには米海軍からの救援要請が届いた。米大統領を乗せたエアフォース・ワンが太平洋上空で姿を消したのだ。軍に遺恨のあるジャックは渋りながらも捜索に乗り出す。一方そのころ人類学者のグレイスは与那国島沖に沈むという〈ドラゴン〉と呼ばれる遺跡へ向かっていた。そこで彼女が目にしたのは地震で隆起した古代都市だった!

暗黒結晶 下:

サルベージ船〈ディープ・ファゾム〉を駆ってエアフォース・ワンの捜索に乗り出したジャックだったが、海中では正体不明の物体と〈力〉が彼を待ち受けていた。これはいったい? 大地震や大統領専用機の失踪に関連があるのか? 一方グレイスは沖縄の遺跡で、別のさらに大きな存在があることを示唆する証拠を手に入れる。そして太平洋上では、アメリカと中国がいまにも核戦争の黙示録を上演しようと策動していた……。業師ロリンズの筆が最高速度で爆走するアクション・アドベンチャー巨編!

上下巻合わせて832ページです。面白すぎてすぐに読み終わってしまいますよ!

おまけ♡

今回は、小説をご紹介しました。

普段あまり小説は読まないという方のために、前向きな気持ちになれる本もご紹介しますね。

ニューヨークで学んだ「私を動かす」47の言葉 / ニューヨークの美しい人をつくる「時間の使い方」 – エリカ

ご存知の方も多いかもしれませんね。ニューヨークで学んだ「私を動かす」47の言葉

誰かにもらう「言葉」は、時に自分にとってかけがえのない大切な贈り物になります。立ち止まってしまいそうな時、何度も読み返したくなる本です。

私も誰かの心に残るような言葉を紡げるような人になりたいと思えました!ニューヨークの美しい人をつくる「時間の使い方」

時間の使い方と聞くと、いかに無駄なく過ごすかを意識してしまいがちですが、人生を輝けせるために使う時間にフォーカスすることで、人生は180度変わることを教えてくれる本です。「時間」の使い方を意識できるようになる、書き込み式のレッスンも収録されていますよ。

さいごに

「あしひきの山鳥の尾のしだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む」という万葉集のうたにもあるように、秋は夜が長くなっていく季節です。

あなたは、秋の夜長をどう過ごしたいですか?ぜひ、温かい飲み物と心地良いブランケットを用意して、夜長を読書で楽しんでみてください♡