HOTEL

【西表島ジャングルホテル パイヌマヤ】亜熱帯ジャングルに囲まれたサスティナブルステイ

こんにちは、emuです。

突然ですが皆さんは旅先の宿を選ぶ時、どのような点に注目していますか?

アクセス、コスト、内装、お料理、アクティビティ等色々なことが思い浮かぶと思いますが、今回はその中でもホテルのコンセプトに焦点を当て、沖縄 西表島の宿をご紹介したいと思います。

ただ泊まるだけだと中々気が付くことのないホテルのコンセプト。ホテル広報の経験者から申しますと、実はホテル側はとても大切にしていることの一つであったりもします。この記事がホテルのコンセプトにも着目するきっかけになり、ホテル側の想いを受け取り、より特別な滞在を満喫していただくヒントになると嬉しいです。

自然の大切さを体感してもらうためのホテル

引用:公式HP

西表島ジャングルホテル パイヌマヤは東洋のガラパゴス島と呼ばれるほど様々な生態系が潜む西表島の北東部に位置します。石垣島からフェリーで約45分、港からホテルまでは車で約30分と決して便利とは言えないアクセス。

しかしその人里離れたホテルは大自然に囲まれ、何もない贅沢を存分に味わえる環境が整っています。

ホテルのコンセプトはまさに、「お客様にその大自然を体感してもらう」こと。

何でもすぐに手に入る便利な環境から少し離れ、地球の大自然の有り難さを全身で感じてみてください。

「自然環境を守る」ことが1番の優先事項

引用:公式HP

お部屋の内装は至ってシンプル。1番広いファミリータイプでのお部屋でも45㎡と比較的こじんまりとしています。

けれど窓を開けてバルコニーに出ればお部屋のサイズなんて気にならないほどの大自然が目の前に!鳥のさえずり、すぐ下の川の流れの音、そんな環境が五感を楽しませてくれます。

またこのホテルでは環境保全を目的に、客室には歯ブラシや髭剃り、くしなど再利用出来ないアメニティは用意されていません。そして、客室清掃もリクエスト制です。

アメニティは1回使って捨ててしまうよりは普段から自分が使っている物を持って行った方がエコであるし、清掃だってすぐにお部屋が汚くなる訳ではないので毎日は不要ですよね。

自然に囲まれたホテルだからこそのこの取り組み。「お客様にその大自然を体感してもらう」というコンセプトに一貫したものを感じます。

カヌー&トレッキングの人気ツアー!

西表島でぜひ体験して欲しいのが、日本最大規模のマングローブの川を漕ぎ進むカヌーのツアー。

その手付かずの自然には様々な植物や生態が潜んでいます。ツアーガイドさんが丁寧に説明してくれながらカヌーの停留所を目指して30分ほど漕ぎ続けます。

そして停留所に着いた後は約1時間のトレッキング。途中少し険しい道のりもありますが、マイナスイオンを感じながら登る道のりは気持ちの良いもの。そして何と言っても目的地「ピナイサーラの滝」上からの眺めは最高!

沖縄県内最大の落差を55mを誇るこの「ピナイサーラの滝」滝壺では泳ぐこともできるので、ぜひトレッキングの疲れ、日々のストレスをここで洗い流してください。

壮大な情景が日々のちっぽけな悩みを飛ばしてくれるかも?それくらい爽快な滝でした。

さいごに

西表島のサスティナブルホテル「西表島ジャングルホテル パイヌマヤ」での滞在、いかがでしたでしょうか?「お客様にその大自然を体感してもらう」をコンセプトにしているこのホテル。実際に大自然を目の当たりにし、その美しさを体感することで、この自然を守らなくてはいけないという気持ちが湧いてくることと思います。そんな想いを体現出来るこのホテル。エコな滞在も今後旅行していく上で重要なポイントになるのかもしれません。そしてコンセプトを知ると滞在がより濃いものになるかと思います。

ぜひ皆さんも今後泊まるホテルのコンセプトに注目してみてください。

公式HP:https://painumaya.com/