HOTEL

【京都】サスティナブルを体験出来るGOOD NATURE HOTEL KYOTO

こんにちは!Kaoriです。先日、数年ぶりに京都を訪れました。夏の京都は例外なく暑く、訪れた日も最高気温は38度。1歩外に出ただけで身体中に汗が流れ出るような暑さでしたが、自然を感じられるとっても素敵なホテルを見つけました。今回は、京都イチの繁華街、河原町四条にある昨年12月にオープンしたばかりの、GOOD NATURE HOTEL KYOTOをご紹介します。

コンセプトが新しい!サステナブルなライフスタイルを体験できるホテル

私の知る限り、ここまでサステナブルに拘っているホテルは日本初ではないでしょうか。入口からその世界観でゲストを楽しませてくれ、エスカレーターの両側に書かれている一言が、私たちの心に響いてきます。健康に良いものが好きな私は、フロントに到着する前から期待がふくらみました。

 フロントの左手には、とってもオシャレな吹き抜けのテラスがあります。チェックイン後はここで読書をしたり、PCで仕事をされている方もいました。話題のステイケーションも楽しめそうです。上を見上げると空と繋がっていて、太陽と四方の緑のカーテンで自然を感じることができます。隣にカフェも併設しているので、暖炉を見ながらのんびり心のデトックスもできそうです。

チェックイン後に渡される案内。使い捨てプラスチックを極力使わない、歯ブラシやブラシも置いていません。ホテルで使用するひとつひとつにSDGsを取り入れています。

ルームキーもプラスチックではなくウッドで出来ていてカワイイ♡

時間が経つほどより素敵に!天然素材に拘った「経年劣化」の思想のお部屋

今回私が泊まったのはデラックスツイン。天然素材を使用し、年月が経つほどより良いものになっていく経年劣化の思想をコンセプトにしているそうです。古いものほど価値が上がる考え方はヨーロッパでもよく聞くので素敵ですよね。他のホテルにはない、無垢材フローリングを使用しているので裸足で歩くと肌に触れる感覚がとても気持ちがいいです。

ヒノキを使用した室内スリッパ。こちらも使い捨てではありません。素足で過ごすのがとことん気持ちのいいお部屋です。

「サーカディアンリズム(体内リズムに合わせた照明)」をこの電子パネルで調節できます。起きたい時間をセットすると、その時間にあわせて太陽光のように照明を徐々に調整してくれるので、自然のリズムでの目覚めをサポートしてくれます。

充実のオーガニックアメニティ

アメニティの「NEMOHANO」は、石油由来の原料を一切使用せず、天然成分のみで製造し、化粧箱や容器の素材にもこだわっている京都発のオーガニックブランドです。シャンプーも香りがよく、オーガニックでもそこまできしむ事はなく使い心地も良かったです。気に入れば、ホテル3階のショップで購入することができます。室内には置いていないですが、化粧品も展開していてそちらもとっても気になりました。

アメニティで置いてある紅茶ももちろん全て有機栽培のもの。食器もとっても可愛いくて、こちらも購入できます。室内で試したものがその場で購入できるのも、このホテルの魅力ですね。室内のBALMUDAのポッドがまたこのお部屋の雰囲気にとっても合うので、ついつい紅茶を淹れたくなります。コロナの影響で朝食ブュッフェは中止していましたが、盛り付けにも拘っていて、どのプレートもとってもオシャレです。食器もひとつひとつが可愛くて女子にはたまりません!

GOOD NATUREを五感で楽しめるホテル

目でみるもの、肌に触れるもの、口にするもの全て身体や地球に良いものばかりが集まったホテルです。朝ヨガや座禅体験、その他Work Shopも充実していて1日中楽しめるようになっています。ちょっと身体に良いモノに触れたい、感じたいとき、丁寧な暮らしをしてみたい方、次の京都はぜひGOOD NATURE HOTEL KYOTOを五感で楽しんでみてください。

GOOD NATURE HOTEL KYOTO