SELF LOVE

好きなことを見つけて自分らしく生きるためには?

瞑想セラピストのHarunaです。

SNSを見たり、周りの人と話す中で「自分らしくありたい」と願う女性が増えていると感じませんか?あなた自身も同じように願っているかもしれませんね。しかし、20代・30代の女性は特に結婚・妊娠・出産などのライフイベントによって生活がガラリと変わったり、理想とするライフスタイルについて考えたり、あなた自身のキャリアを見直す機会が多いものです。

その度に、「自分の好きなことはなだろう」「これから何をやっていきたいのだろう」と、モヤモヤする気持ちが出てくることもあるかもしれません。そんな時に、SNSなどでキラキラとしている人を見ると、羨ましく思い、辛い気持ちになってしまうこともありますよね。

もしも今、あなたが好きなことを見つけられず、モヤモヤする気持ちを抱いていたとしても、大丈夫です。この記事を読めば、あなたも好きなことを見つけて、“自分らしく”生きることをスタートするきっかけとなるでしょう。

好きなことをやって生きるための7つのステージ

本田健さんの著書「大好きなことをやって生きよう」の中で好きなことをやって、経済的に成功している方にはある法則があることがわかったと述べています。

その法則というのが好きなことをやって成功するための「7つのステージ」です。ここでは、「7つのステージ」について詳しく解説していきます。

ステージ1:才能発見ステージ

ぼんやりと、自分のやりたいことや、得意なこと、人から褒められることがわかっていたり、気づき始めた段階です。

ただ、自分の才能に自信が持てず一歩踏み出すことに勇気がいると感じているかもしれません。まずは、勇気を持って行動に移してみましょう。

ステージ2:才能開発ステージ

自分の才能らしきものを育てていく段階です。うまくいくかわからないけど、楽しいからやってみよう、周りの人に喜んでもらえるから、続けてみようなどポジティブな気持ちを膨らませることが大事なステージです。

あなた自身で可能性をつぶさないように、前向きに続けてみましょう。

ステージ3:修行ステージ

あなたが発見した才能をベースに、人生を組み立て直すステージです。組織に所属したり、メンターを見つけたりあなたの才能を伸ばすために修行を積む期間です。

あなたがどのレベルで活躍できるようになりたいかを把握したうえで、そのレベルに達することができるような組織やメンターを見つけることが鍵となるでしょう。

ステージ4:独立ステージ

自分の足で立つ段階になります。組織から出て、自分で進んでいく時です。

ステージ5:独自性を発揮するステージ

独立して、あなたなりのポジションを築くときです。他とは違うユニークさや、オリジナリティーを発揮することで、さらに発展することができるようになるでしょう。

ステージ6:ブランドを築いて活躍するステージ

業界で注目されるようになったり、予約がいっぱいになったりするような段階です。

ステージ7:業界のトップとして、リードするステージ

業界の第一人者として、業界を盛り上げる責任が出てくるでしょう。そして、後輩を育成することに情熱を注ぐことになる段階です。

あなたは将来どのステージで、活動していきたいと思いますか?目標を見失いそうになった時にはこのステージを思い出してみてください。

あなたが好きなことを見つけるために今日からできる3つのアクション

①子どもの頃好きだったこと、夢中になっていたことを書き出す

あなたは、子どもの頃何をして遊ぶのが好きでしたか?時間を忘れるほど夢中になることはありましたか?記憶をたどって全て書き出していくとあなたの才能の原型となるものを見つけられるかもしれません。

たとえば、絵を描くことが好きだった人が、再び絵を描き始めることで、想像以上に好評価をもらい仕事に繋がる可能性もあるでしょう。

あなたが子どもの頃好きだったことをもう一度やってみてはいかがでしょうか?

②シンクロニシティにしたがって行動する

今、あなたが興味があることや、心がワクワクすることはありませんか?まずは、あなたの心がワクワクすることに思い切って飛び込んでみましょう。

あなたの心がワクワクすることに従うと思いがけない偶然「シンクロニシティ」が起こり「シンクロニシティ」があなたを最善の方向へ導いてくれます。

たとえば、気になっている人のWSに参加してみたり、講演会に行ってみたりするとそれがきっかけとなり、新たな人との出会いや、新たに興味が持てるものに出会えるかもしれません。SNSでいろんな人と繋がれる時代ですので、あなたの好きなことに繋がりそうな情報を収集するのも良いでしょう。

③自分の感情を認識する

あなたが好きなことを見つけるためには、「好き」や「嫌い」といった感情を素直に受け止めて感じる心が必要です。あなたが最近一番「楽しい!」と感じた時はいつでしたか?

もしも、すぐに思い浮かばない場合は、「楽しさ」「喜び」などのポジティブな感情を感じる心が弱ってしまっているかもしれません。そんな時は、良い悪いでジャッジをせず、ありのまま自分の内側から出てくる感情を受け止めてあげましょう。

例えば、「今は好きな人に会えず悲しい気持ちを感じているよね。」「好きなスイーツをたべれて幸せを感じているね。」など、小さな心の変化や感情を一つ一つ感じて、友だちに話すように自分自身に声をかけてあげてください。そうすることで、心が元気になり、だんだんといろんなことに好奇心が持てるようになり、結果的に好きなものを見つけることができるでしょう。

最後に

最後にお伝えしたいことは「小さなことでも行動してみよう」ということです。きっとあなたも何度も耳にしていて「もう、わかっているよ!」と、思うかもしれません。しかし、新たな出会いやきっかけは、待っていても訪れません。むしろ、何気ない行動から大きく動き出すことがあります。今日の記事でお伝えした3つのアクションのうちできそうなことから始めてみるのも良いでしょう。

あなたが、“自分らしく”幸せに過ごせることを心から願っています。
最後までお読みいただきありがとうございます。