WOMAN

【Event Report】Jane’s Apartment Christmas Party

みなさんいかがお過ごしでしょうか、Ryokoです。
2020年12月22日東京・代官山にあるSuppageにて、Jane Publishersオンラインサロン
Jane’s Apartment”初めてのオフラインイベントが行われました!マスク着用、検温、消毒、
会場の換気などの感染症対策をしっかりと行い、少人数での開催となりました。
今回は記念すべき第一回目のイベントの様子をレポートします!

編集長ChiharuとネイリストRieによるトークセッション

まずは編集長ChiharuとネイルサロンVivian Nail主宰Rieさんによるトークセッション。
「好きなことを仕事にする」をメインテーマに仕事やキャリア、好きなことに対する想い、
苦しい状況の乗り越え方などをお話しいただきました。

「大きなピンチの裏には大きなチャンスがある」

ネイルコンテストで二度の優勝経験があり、サロンワークだけでなく、講習会や様々な企業とのお仕事など、幅広い分野でご活躍中のRieさん。そんなRieさんも今回の感染症の広がりを受け、ご自身の働き方やサロンの経営などについて改めて考え、時代の変化に適応していかなければいけないと感じたそう。Rieさんが編集長ChiharuのZINE講座の受講を決めたのもそのような気付きから起こした行動のひとつでした。

Rieさんは「大きなピンチの裏には大きなチャンスがある」と言います。ピンチとチャンスは必ずセットで訪れるものであり、このピンチの裏にはどんなチャンスがあるのか?という視点を持つようにしているそう。また普段から物事の良い部分に目を向けるように意識することが大切、とのこと。その意識づけのために「寝る前に1日を通して良かったことを3つ書き留める」という方法も教えていただきました。とてもシンプルな方法ですが、実際にRieさんがとあるお客様にこのアドバイスをしたところ、この方法を実践したお客様はお店に来店するたびに表情が生き生きとし、仕事でやりたいと思っていたことも次々と叶えることができたそうです。

「探しているものは全部自分の中にある」

「他の人と比べない方法は?」というChiharuの問いに対しては「一人ひとり持っているものが違うのだから、誰かと同じ人になることはできない。」と答えるRieさん。他人や周りの人に向いていた外向きの矢印が自分自身という内向きの矢印に変わった時に、人と比べたり、必要以上に周りを見ることがなくなり、自分自身が持っているものでオリジナリティを出していけば良いのだと思うようになったそう。「探しているものは全部自分の中にある。自分が変わるから世界が変わるということに気付いてから生きやすくなった。」という言葉がとても印象的でした。
ネイリスト・経営者として輝かしいキャリアと実績を積んでいる一方で、時代の変化に柔軟に対応しながら、新しいことに挑戦し、学ぶことを惜しまないRieさん。優しくも力強いRieさんの言葉ひとつひとつにポジティブなパワーがあり、仕事に限らず、一日一日を楽しんで生きていくためのヒントがたくさん詰まったトークセッションでした。

体が喜ぶヴィーガンフード

トークセッションの後はドリンクとフードをいただきながらサロンメンバー同士の交流タイム。今回は首都圏だけでなく、関西から足を運んでくださったサロンメンバーもいらっしゃいました。
Jane’s Apartmentがスタートしてからサロンメンバーが実際に顔を合わせるのは今回が初めてでしたが、ウェビナーなどで顔を合わせていたこともあり、初対面ながらもアットホームな雰囲気でメンバー同士すぐに打ち解けていました。
この日のフードは根菜を中心としたヴィーガンメニュー。色鮮やかな野菜から作られたワンプレートの料理は、ヴィーガンとは思えないほどの美味しさとしっかりとした食べ応え。身体に優しいお料理と楽しい会話で心も体も満たされる時間となりました。

風の時代の幕開け

イベントが開かれた12月22日は知る人ぞ知る、グレートコンジャクションが起こり、風の時代がスタートした日。風の時代のキーワードとして「人との関わり」や「横の繋がり」が挙げられています。サロンメンバーにとっても新しい出会いや繋がりが生まれた時間となり、新しい時代の幕開けにふさわしい日となったのではないでしょうか。

オンラインサロンJane’s Apartmentでは来年も時期を考慮しながらオフラインでのイベントを開催していく予定です!
オンラインではウェルネス、ビジネス、スキルアップなど様々なジャンルのウェビナーやサロンメンバー同士の交流などを行っています。メンバー募集の際はJane Publishersのインスタグラムにて告知をしますので、ぜひアカウントをフォローのうえ、チェックしてくださいね。