Overseas

【Living in AUS】在住して知ったオージースタイルな特徴(言語編)

こんにちは、シドニー在住のmikuです。みなさまいかがお過ごしですか?

日本と真逆なオーストラリア。こちらでは今夏本番を迎え、オーストラリアの魅力がさらに高まる季節となりました。

そんなオーストラリアに在住して早数年。【Living in AUS】では、私自身が在住して気づいたオーストラリアのライフスタイルの魅力ついて少しずつご紹介していきたいと思います。今回の記事では、数あるオージースタイルの中でも「言語」にフォーカスしてお伝えしていきます。

“No worries!”が合言葉

オーストラリアに暮らしていて耳にしないことはないこの言葉、“No worries!”。ニュアンスによって日本語の訳が変わってきますが、大体「心配ないよ/気にしないで/大丈夫だよ」という意味を示します。

実はこの“No worries!”自体は、オーストラリアに限らず、世界中で使われている言葉ですが、オーストラリアに暮らしていると、たくさんの人がこの言葉を使っていることに気づかされます。立場によっては他のフレーズを使う方が良い場合もありますが、フレンドリー且つカジュアルに気持ちを伝えることができる、とても便利なフレーズで、オーストラリアのスタイルを示しているなと感じさせられます。

オージー流!Casual Lingo(Language)

実はオーストラリアでは、さまざまな言葉がオーストラリア流に省略して日常的に使われています。フォーマルでもカジュアルな場合でも使われていることが多く、大体の言葉は‘o’または‘ee’の音で終わるものが多いです。以下のものは高頻度で使われているcasual lingoの中の一例です。似ている発音もあったりして面白いですよね!

✔︎Arvo(アーヴォ):午後
✔︎Servo (サーヴォ):ガソリンスタンド
✔︎Bottle-o (ボトルオー):酒屋・リカーショップ
✔︎Lingo (リンゴー):言語・言葉
✔︎Brekkie(ブレッキー):朝ごはん
✔︎Barbie (バービー):BBQ
✔︎Pokies (ポーキーズ):スロットマシーン
✔︎Maccas(マカス):マクドナルド

いろいろな言語がミックスする多文化な国オーストラリア

多民族多文化国家のオーストラリアでは、オーストラリアに限らず世界中にバックグラウンド・ルーツをもっている人がたくさんいます。特に私が暮らしているシドニーでは、英語圏でも、イギリスやサウスアフリカ、カナダやアメリカなどから来た人たちや、中には英語が第一言語ではないバックグラウンドをもつ人も多くいます。そのため、公共交通機関を利用していると、それぞれの言語やアクセントで電話をしている乗客の声を耳にすることが多く、多文化な国だということを実感させられます。

また、お店などでも英語のアクセントを気にせず受け答えしてくれる店員さんも多く、フレンドリーに「どこ出身なの?」などと会話が広がることも多いです。

カジュアルフレンドリーなオージースタイル

いかがでしたか?次回はまた違った角度からオーストラリアのライフスタイルにフォーカスしてご紹介していきたいと思います。お楽しみに♡