RELATIONSHIP

【ワタシと外国人彼氏のダイアリー】オーストラリアのValentine’s Day

Bonjour! オーストラリア在住のSaeです。
2月14日はバレンタインデーでしたね。みなさんはどのように過ごされましたか?

日本ではバレンタインデーには、女性から男性へチョコレートなどの贈り物をし、3月14日のホワイトデーには男性から女性へお返しをするというのが一般的ですよね。でも、私が滞在しているオーストラリアはもちろん、私の彼の出身地フランスにもホワイトデーは存在しません。そこで今回、オーストラリアでのバレンタイン事情を紹介したいと思います。

バレンタインには赤い1輪のバラを贈る

バレンタインデーには、パートナーから赤い一輪のバラを贈るのがオーストラリアでは定番です。バレンタインデー間近になると、花屋さんはもちろん、スーパーマーケットや様々な場所で赤いバラが売られます。(ここで私がパートナーという言葉を使ったのには理由があります。オーストラリアには、いろんな形のカップルがいます。だから男性から女性へという限定的な言い方がしっくりこなかったのかもしれません。)

夕方の時間帯には、仕事終わりの人たちがバラを持って歩いているのを見かけます。そんな光景も、ロマンティックだなと眺めてしまうのは私だけでしょうか?

バラの他にもプレゼントを贈るカップルもいます。多くはパートナーから贈り物をもらうことが多いですが、お互いにプレゼントを贈り合う人もいます。

バレンタインデー = 愛を確かめる日

バレンタインデーは、カップル・夫婦にとってお互いの愛を再確認する日といえるのかもしれません。贈り物と一緒に、カードをつけて日頃の感謝や甘い言葉を添えるのも◎

またバレンタインデーには、レストランでカップルが楽しそうに食事をしているのを目にします。この日はレストランは混雑しているので予約必須です。

彼からの贈り物は名前入りキャンドル

ところで、私は彼からバレンタインデーに名前入りキャンドルをいただきました。“For my Sae”と書かれています♡このキャンドルはイタリアのアマルフィー海岸をイメージした香りなのですが、私が学生時代にイタリア旅行に行ったときの話を楽しそうにしていたのを覚えてくれていて、この香りを選んだそうです。そういうさりげない会話を覚えてくれていて、選んでくれたというのが本当に嬉しかったです。

サプライズとか苦手な彼ですが、私を喜ばせようと頑張ってくれています。笑

さいごに

いかがでしたでしょうか?国が違えば、バレンタインデーの祝い方も違うなんて面白いですよね。

これからもオーストラリア情報や国際恋愛事情を発信していけたらと思いますので、よろしくお願いします♡