SELF LOVE

【今日から始めるインナーケア】細胞からキレイになる方法

 こんにちは。kaoriです。皆さんは、普段口にしている油のこと、どれくらい気にしていますか?油と聞くと、どうしてもカロリーが高くい、太りやすいと言ったイメージがあるかもしれません。悪いイメージが先行しがちな油ですが、実はインナーケアに欠かせない、とても大切な存在になります。今回は、新陳代謝のカギを握る、油の選び方についてお伝えしていきます。

油の役割を知る

 油(脂質)は、少量で多くのエネルギーを蓄えることができるので、実は効率の良いエネルギー源になります。他にも、血液、ホルモン、脳や神経細胞の材料になったり、髪や肌を保護してくれたり、体温の保温や内臓の保護と、様々な役割を果たしてくれています。こうして見ると、健康維持のためには欠かせない栄養素という事が分かりますよね。この中でも、私が一番お伝えしたい事が、細胞膜の材料になるということ。細胞を包み込んでいる膜のことを細胞膜と呼ぶのですが、私たちの身体は約60兆個もの細胞で出来ていると言われています。つまり、良質な細胞膜が健康への近道となります。

目指すはやわらかい細胞膜

 私たちの細胞は常に入れ替わり、必要なものを取り入れ、不要なものは排出して新陳代謝しています。そして、新しいもの、古くなったものは全て細胞膜を通ります。この細胞膜の材料になるのが油なのです。

 質の悪い油ばかり食べていると、この細胞膜はガチガチに硬くなります。硬い細胞膜では、栄養素が通りにくく毒素も排出されにくいので、病気や老化の原因に。逆に良質な油は、細胞膜をやわらかくし、新陳代謝もスムーズにしてくれます。いくら身体に良いと言われる栄養価の高いものを食べたとしても、質の悪い細胞膜だとなかなか身体に取り込まれません。つまり、いかに細胞膜の質を上げるかが、とても大切になってきます。

新陳代謝が悪くなる、避けたい油

 まず避けるべきなのが、トランス脂肪酸です。マーガリンやショートニングがその代表ですが、知らないうちに口にしていることも。お菓子やパン、インスタント食品などに含まれているので必ず裏の食品表示をみるクセをつけましょう。

 トランス脂肪酸以外にも、ファーストフードや外食時での油は何を使用しているのか見えにくいですよね。高温の油や時間の経った油も、トランス脂肪酸に変化したり酸化している可能性があります。サラダ油やパーム油(パーム油の含有に関わらず、食品表示には植物油脂としか表記がないため分かりにくいです)も、添加物が多く精製工程も多いため、良質とは言えない油になります。

積極的に摂りたいオメガ3

 必須脂肪酸と呼ばれる、体内では作られない油の種類があります。オメガ3,オメガ6と耳にしたことはある方も多いのではないでしょうか。これらは食べ物でしか摂取できない脂肪酸になります。正反対に働きあっているため、摂取バランスがとても重要になります。理想はオメガ3:オメガ6が1:4なのですが、現代の食事ではどうしてもオメガ6が多くなりがち。その比率は1:20とも言われています。(因みに、サラダ油、大豆油、ごま油などがオメガ6になります。)

 バランスを摂るためにも、オメガ3が多く含まれるアマニ油やエゴマ油がおススメ。1日小さじ1程度をサラダや納豆、豆腐など冷たいものと一緒に食べるようにしてみましょう。これだけだったら手軽に始められそうですよね。ただし、とても酸化しやすい油なので加熱はしないよう、注意してくださいね。

調理用は酸化しにくいものを選ぶ

普段の調理料理では、熱を加えても酸化しにくい油を選ぶことが大切です。飽和脂肪酸のバター(グラスフェッドバターがお勧め)やココナッツオイル、オメガ9のオリーブオイルやこめ油がおすすめです。最近、スーパーでも見かけるようになったGhee(ギー)も、酸化に強く、油の中でも最高のオイルと言われています。少しお値段が高く、匂いもあるのですが、ひとつ家に置いておくと安心です。

良質な油でキレイになろう

皆さんが口にしている油は、良質なものと言えそうですか?質の良い油は、良質な細胞膜を作ってくれます。せっかく良いものを食べたのに、硬い細胞膜のせいで栄養素が通りづらいとなると、なんだかもったいない気がしますよね。細胞からケアするポイントは油選び。今日から早速、質の悪い油は避け、良質な油を選ぶよう意識してみてください。

もちろん、私たちの身体は、相互に働きあっているので、これだけを食べていれば平気と言えるものはないので、摂りすぎには注意して試してみてくださいね。