RELATIONSHIP

【パートナーシップにおけるセルフラブ】理想のパートナーに出会うには?

瞑想セラピストのHarunaです。セルフラブ(自己愛)に直面するタイミングの多くは「パートナーが欲しい」「パートナーとの関係を良くしたい」など、パートナーシップに悩みを抱えた時ではないでしょうか?
実際に私もそうでした。理想のパートナーに出会うためにはどうすればいいのか、その答えを求めた先にあったのが“セルフラブ”でした。

では、セルフラブを理解すればパートナーができるのでしょうか?私の経験からお伝えすると、『Yes』であり『No』でもあります。
なぜなら、「パートナーと出会うため」など自分の外側の結果が目的である場合、本当の意味でのセルフラブではなく、パートナーシップの望みを叶えることはできないと実感したからです。

そこで今回は、憧れのパートナーシップを叶えるため、本当の意味でセルフラブを理解していただけるように、私の経験談を踏まえてパートナーシップにおけるセルフラブをお伝えします。

そもそも、セルフラブとパートナーシップはどう関係あるの?

パートナーシップをはじめ、人間関係は自分自身との関係性の投影です。つまり、全ての人間関係の土台は『自分』にあります。より相手との関係性が近ければ近いほど、自分自身との関係性が投影されやすくなります。

投影とはどういうことかと言うと、例えば、あなたが自分自身に優しくしていれば、相手もあなたに優しく接してくれるということです。
したがって、相手に優しくしてもらいたいと思った時は、相手を変えようとしたり、期待したりするのではなく、まずはあなたが、あなた自身に優しく接することを心がけてみましょう。

自分に優しくあるためのヒントはこちらの記事を参考にしてみてください。
「【セルフラブ】落ち込んだ時でも自分を愛するための3つの方法」

また、このような場合も、パートナーシップによくある投影の1つです。それは、「〜な人しか好きにならない」「〜じゃない人とは付き合えない」など、条件付きの愛情を選んでいる場合。
あなたも、恋愛がうまくいかなかった時を振り返ると、条件付きで相手を選んでいたという経験はありませんか?
それは、あなた自身に対しても「〜な自分は愛せない」という思い込みがあるからです。「どんな自分でも愛おしい」と思えるくらいセルフラブへの意識が高まれば、結ばれる相手も自然と変わってくるでしょう。

すべてはタイミング次第

良いパートナーシップを築くためには、「自分を愛すること」の次に、もう一つ乗り越えるべき壁があると私は考えます。それは、委ねることへの恐れや焦りを手放すことです。

現実にはあなたの努力で変えられることと、誰にもコントロールできないことがありますよね。その一つが“人との出会いです”。
実際に、占い師さんでも、出会いの可能性が高まる時期は予想できたとしても、本当に出会えるかどうかは断言できないのです。

なぜなら、その人の“準備”ができるタイミングによって、出会えるかどうかが、変わってくるからです。スピリチュアル的な話では、「ソウルメイト」という、生まれる前から出会うことを決めてきた運命の相手ともいえる人がいると信じられています。ただ、出会うことが決まっていたとしても、あなたの“準備”ができない限り、出会うことができないそうです。

周りの友人が結婚したり、パートナーがいたりすると「私もパートナーが欲しい」と焦ってしまうこともありますよね。
しかし、『今の自分にとって一番力を入れるべきことは何か?』と、あなたにとって必要な“準備”に視点を変えてみることも時には必要です。
そして、焦りを手放して、全てうまくいくと委ねる心の余裕が、結果的に出会いを早めることに繋がるかもしれません。

自分で自分を幸せにする

私は、セルフラブを学んだ頃「自分を愛せるようになったから、素敵な人と結ばれるはず」と、思っていましたが、実際はなかなか出会いに恵まれませんでした。
なぜなら、「パートナーができればもっと幸せになれる」と、誰かに幸せにしてもらうことを、心の奥で望んでいたからです。私は本当の意味でまだ準備が整っていませんでした。

この経験を経て、良いパートナーシップを築く上で、もっとも大切なことは、いい意味で自立していることだと私は思いました。
つまり、相手に依存したり、期待したりせず、『自分で自分を幸せにできる』と、知っておくことです。そうでないと、相手が自分の思い通りにしてくれなかった時にショックを受けてしまいますよね。

『自分で自分を幸せにする』という視点で考えると、相手にしてもらわなくても、自分を幸せにする方法がいくつか思い浮かぶのではないでしょうか?
例えば、好きなスイーツを買ったり、好きなカフェに行ったり、自分の気分を上げる方法を、きっとあなたも知っているはずです。

上記でもお伝えしたように、人間関係の土台は『自分』ですから、自分の考え方を変えることができれば、自然と相手も変わっていきます。
まずは、あなたがいつでも幸せな状態でいられるように、好きなことに夢中になる時間を作ってみてはいかがですか?

最後に

いかがでしたか?あくまでも私の経験を元にお伝えさせていただきましたので、一人ひとり違う気づきや結果があると思います。
ですが、パートナーシップにおけるセルフラブについて、何か感じていただき、変わるきっかけになっていたら嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。