HOTEL

【ホテルセンレン京都東山清水】2021年3月オープン清水五条駅近に泊まるカジュアル和モダンホテル

こんにちは、Kaoriです。気温が高い日が多くなり、夏の足音も聞こえてきそうですね。今日は、ホテルのオープンラッシュが続く京都で、今年の3月にOpenした「ホテルセンレン京都 東山清水」をご紹介します。場所は京阪鉄道「清水五条駅」からすぐ。目の前が鴨川、清水寺も徒歩圏内。カジュアルに泊まれて、しかも大浴場がある和風のモダンホテルです。

大きな盆栽と和の庭園ロビー

外の騒がしい世界から静かな空間へと切り替わっていく瞬間を感じながら、ホテル入口からの階段を下りていきます。左手には庭園が見え、空間いっぱいに和が広がるロビー。そして、目を引く美しい盆栽たち。とても静かで落ち着きます。ロビーには地元、清水焼の陶器も展示しています。心がほっと一息つく瞬間でした。

テーブルの真ん中で凛と佇む盆栽。椅子一脚ごとにコンセントが1つあるので、ここでワーケーションをするのもいいかもしれません。

シンプルで過ごしやすいデザインのお部屋

私が泊まったのは、スーペリアツインの部屋。窓からは目の前の鴨川が見えます。30㎡と割とゆったりした広さで、連泊しても過ごしやすそうです。和の雰囲気もありながら、シンプルでモダンなデザインのお部屋です。当たり前ですが、まだどれも新しくて綺麗なので気持ちよく泊まれます。

奥のリビングスペース。左奥に見える木箱の中にはコーヒーカップやグラス類。その下の箱には冷蔵庫。左手の細長い棚にネスプレッソマシーンが隠れています。家電が全て隠れているのでお部屋に統一感が出ますよね。

スリッパ以外にも草履、大浴場があるので浴衣が置いてあるのも可愛いですよね。この浴衣で外出もできるようです。

お風呂とトイレが分かれているのもポイント。最近、トイレと浴室が別になっているホテルが増えてきました。私は毎日湯舟に浸からないと1日の疲れが取れないので、お風呂がセパレートになっているタイプのお部屋を出来るだけ選んでいます。

旅の疲れを癒す大浴場

大浴場があるのも嬉しいポイントです。庭園を眺めながら入るお湯は、お部屋とはまた一味違ってリラックスできますよね。

散策しながら清水寺へ

清水寺も徒歩圏内。途中には清水焼のお店も楽しめます。清水寺に行くときにはいつも立ち寄るK36のバーも歩いて15分程ちょっと。ルーフトップバーからの眺めは絶景なのでぜひ訪れ見てほしい場所です。

観光でもビジネスにも便利

新しくオープンに魅かれて選んだホテルでしたが、お値段の割にオシャレで綺麗なホテルです。京都でカジュアルに泊まりたい、新しいホテルが好きな人はぜひ足を運んでみてくださいね。

ホテルセンレン京都 東山清水HP