Overseas

【今すぐ始められる!】私がしている『地球に優しいこと』

こんにちは、Saeです。みなさんいかがお過ごしでしょうか?日本は春が来て暖かくなってきたようですね。オーストラリアは冬が近づき、朝晩は冷え込むようになってきました。

そんなオーストラリアでは、エコな取り組みをしている人が多いように思います。私もオーストラリアに住み始めてから「自分が地球のためにできることはないか」と考えるようになりました。

そこで今回は、私が日頃している『地球に優しいこと』を紹介したいと思います。

マイバッグの持参

日本でも買い物袋の有料化が始まっていますよね。オーストラリアでは買い物に行く時には、多くの人がマイバッグを持参しています。

それぞれのスーパーマーケットでは独自のエコバックを販売していて、壊れたら新しいものに交換してくれる物もあります。(写真右:Woolworths)

私は、シドニーにあるAZUKIという日本のパン屋さんのエコバックがお気に入り。お気に入りのエコバックが見つかると、買い物へ行くにも気分が上がります♪

小分け袋を持参

オーストラリアでは野菜や果物は量り売りで売られていることが多いです。それらをまとめてレジへ持っていくためにプラスチックの袋を使いがちなところを、私は自分の袋を使用しています。

プラスチックの袋だと、1度使ったら捨ててしまいますよね。あるいは、料理をしている時のゴミ袋として使ってから捨てる人もいるかもしれませんが、いずれはすぐゴミになってしまいます。

買い物に行くたびにプラスチックの袋を使い続けると、年間で考えたときに結構な量になりそうですよね。

不要になった紙・広告紙で生ゴミ入れを作る

実家に住んでいたとき、よく母がミカンの皮を捨てるために、読み終わった広告の紙で袋を作ってゴミ箱として使っていました。オーストラリアに来て自炊するようになった今、私も不要になった紙で生ゴミ入れを作って使用するようにしています。

今までスーパーマーケットで貰ったプラスチックの袋を生ゴミ入れとして活用していた人も、この方法で代用できるのではないかと思います。

以前、Janeのオンラインサロンでも折り方を講義してくださった方がいらっしゃいましたよね!とても簡単で30秒くらいで折れるのでぜひ試してみてください。

脱サランラップ!

(https://stock.adobe.com/jp/より引用)

料理をすると使いがちなサランラップ。私はサランラップを使うかわりに、ミツロウラップを使うようにしています。

オーストラリアでは週末にあちこちでマーケットが開催されているのですが、必ずと言っていいほどミツロウラップを見つけることができます。自分の好きな柄のものを購入して生活に取り入れると、料理をするのも楽しくなります。

Take Awayのカトラリーは貰わない!

(https://unsplash.comより引用)

コロナで外出制限があると外食を控え気味になったり、家で過ごす時間が多くなり、Uber Eatsを注文したり、Take Awayして家で食べることが多くなりました。そのときに私はフォークやスプーン、ナプキン、箸などのカトラリーは貰わないようにしています。

家で食べるのであれば、すべて家にありますし、なるべくゴミを出さないように生活するよう心がけています。

さいごに

私が日常生活に取り入れていることは、小さな取り組みかもしれません。でも、少しでも自分が地球のためにできることや、今の生活を見直してみることは、行動を起こすいいきっかけになると思います。何か今日から、1つでも一緒に始めてみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。